レビトラ 通販庄司薬局

レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

サビトラ20mg

 

 

 

 

 

レビトラについての解説【通販庄司薬局】

レビトラが作用を保持する時間は、製剤中のバルデナフィルの量によっても異なることが判明しました。20mg錠剤は配合後8時間近く活性を維持しました。10mg錠剤は服用後5時間活性を維持しました。20mg錠剤と10mg錠剤のED改善効果は拮抗していましたが、その間の影響力変動には決定的な差がありました。レビトラの勃起力は、20mgの成分サイズでバイアグラ100mgと同等と言われています。20mgの場合、最大限界までの作用時間は10時間で、バイアグラの約2倍です。その堅牢さと持続時間のばらつきから、レビトラ20mgは3大ED治療薬の中で最も精力的な薬として認知されています。

有効成分のバルデナフィルは3大ED治療薬の中で最も即効性があり、うまく服用できれば最大15分で効果が現れます。即効性の持続時間はバルデナフィルの含有量に比例せず、10mgで5~6時間、20mgで8~10時間です。背景にED治療薬第1号として登場したバイアグラは、比較的高価な成功例であり、浸透力も抜群ですが、その反面「食後すぐに服用すると有効性が現れにくい」「近くで1時間服用・服用しないと効果が実感できない」という点が懸念材料とされてきました。

レビトラは2004年に日本で承認され、バイアグラに続く第2のED治療薬として注目を集めました。レビトラの服用成功率は用量によって異なり、5mgで73.1%、10mgで85.3%、20mgで86.4%となっています。この有効成分であるバルデナフィルは水に溶け、即効性があり、空腹時に服用すると約20分で効き始めます。レビトラは、有名な製薬会社であるドイツのバイエル社によって再生・販売されているED治療薬で、標準的な食事であれば食前でも食後でも効果があります。初めてのED治療薬として登場し、即効性と食事への影響の少なさが特徴で、日本でも広く認知されています。

レビトラは、バイエル社が創製・販売しているED治療薬で、バイアグラ、シアリスと並ぶ三大ED治療薬として各国で認知されている実績を誇っています。服用後約15分で効果が現れ、食後や酔っぱらった後に服用しても高い勃起力を発揮できる非常に効率の良いED治療薬ですが、グレープフルーツとの相性が悪いため注意が必要です。レビトラは性行為前に服用することが一般的ですが、必ずしも空腹時に服用する必要はありません。食事による影響が少なく、即効性があるため、柔軟な使用が可能です。ただし、グレープフルーツやグレープフルーツジュースとの併用は避けるべきです。

レビトラ自体に催淫作用はなく、興奮やセックスへの欲求が高まることはありません。バルデナフィルはPDE5に特に強く作用し、その他のPDEパターンに対する作用が弱いか、または全くないため、副作用が起こりにくく、強固な勃起誘発効果があります。レビトラはミネラルウォーターに溶けやすく、即効性があるという魅力があり、日本でも認可されており、専門機関で処方してもらえます。どのED治療薬も食後に服用すると効果が大きく弱まりますが、レビトラ20mgは一般的な食事であれば食後に服用しても自然な形で勃起の波紋をむき出しにしてくれます。緊張や不安が勃起障害の原因となることもありますが、レビトラはそのような状態にも効果を発揮します。精神的な要因に起因するEDにも対応し、患者に安心感と自信を与えることが期待できます。

タイトルとURLをコピーしました